脱毛予防

イソフラボンの効率的な摂り方って?

女性にとって女性ホルモンのバランスは体に大きな影響を与えます。
健康面だけでなく、美容にも影響力が高いのが特徴です。
女性ホルモンの分泌のピークは、20代前半です。

お肌の曲がり角は25歳からといわれていますが、まさに女性ホルモンの減少が始まるころだといえます。
女性ホルモンは、女性らしい体づくりのためには欠かせない成分一つです。
なので減少し始めたころから積極的に摂取していく必要があります。

そんな女性ホルモンに似た働きがある成分として有名なのが、イソフラボンです。
イソフラボンはいろんな商品の名前にそのまま使用されているので、よく見かけたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
化粧水などに多く含まれているので、使用している人もたくさんいます。

美容効果だけでなく、生理不順、更年期障害の症状緩和などにも効果が期待でいます。
女性らしい体作りで内面的な部分でとても重要な役割をします。
また外見的にも、イソフラボンは肌のターンオーバーを早める働きがあるので美白効果やハリや弾力のある肌へと変化していきます。

そんなイソフラボンには実は、二種類あるのをご存じでしょうか。
一つ目は、アグリコン型イソフラボンです。
この種類の物は粒子が小さいのが特徴です。

なので体内での吸収率が高く、効率よくイソフラボンを摂取することができます。
このアグリコン型イソフラボンを摂取できる食品は唯一味噌だけです。
味噌は昔から日本の食事には慣れ親しんでいるものなので、使用しやすいでしょう。

味噌で味付けをするのもいいですし、簡単なものであればみそ汁を毎日摂取する癖をつけるといいでしょう。
一日に必要なイソフラボンの摂取量は75mgまでとなっています。
みそ汁1杯で6mgなので10杯以上の飲む必要があります。

ただもう一つの種類である、グリコシド型イソフラボンは分子に糖分がくっついています。
なので一度摂取し腸の中で分解してアグリコン型に変えてから摂取しなくてはいけません。
中には分解されないまま体の外に排出してしまう可能性があります。
なのでアグリコン型のイソフラボンを優先して摂取しましょう。
もしくは腸内環境を整えることも同時に行うとより吸収率が高い摂取方法といえます。
ただしイソフラボンの過剰摂取は注意が必要です。

Copyright(C) 2013 女性に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.