脱毛予防

ホルモンバランスを整える大豆イソフラボン

女性にとってホルモンバランスは、体に大きな変化を与えます。
女性のホルモンバランスのピークは20代前半といわれています。
20代後半からはだんだん減少していきます。

30代から40代になると女性ホルモンの減少による症状をだんだん実感してきます。
分かりやすいものでいえば、肌の老化現象が起こり、乾燥やシワやたるみといった症状が出やすくなります。
そして一番ホルモンバランスが乱れる時といえば、閉経の時期です。

更年期障害は、女性ホルモンのバランスが崩れることで起きてしまう症状です。
めまいや発熱、発汗、吐き気、動悸、腰痛、肩こり、頭痛、しびれなど様々な症状が起きてしまいます。
また精神的にも、イライラ、憂うつ、疲労感、脱力感、不安感などになやまされてしまいます。

症状がひどい人は、外にでることすら嫌になってしまい、引きこもってしまう人もいます。
そんな症状の改善にイソフラボンはとても効果的だといわれています。
なぜならイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きがあるからです。

女性ホルモンの減少によっておきてしまう様々な症状対応し、ホルモンバランスを整える事で症状の改善に効果があります。
更年期障害の症状緩和にも効果があるため、食事やサプリメントなどでイソフラボンを摂取することがお勧めです。
イソフラボンを含んだ製品には、大豆の加工製品などがあげられます。

例えば、豆腐、おから、納豆、味噌、醤油、豆乳など身近な食品から摂取することができます。
なので比較的に無理なく一日の摂取量を確保することができます。
一日の摂取量の目安は75mgまでです。

毎日の食生活で摂取しやすいため、サプリメントの服用をすると過剰にイソフラボンを摂取してしまう可能性があります。
なのでサプリメントでは一日30rまでと決められています。
摂取量を守って、イソフラボンを取り入れるようにしましょう。
更年期障害以外にも、生理不順やお肌の活性化など美容効果にもとても効果が期待できます。
健康にも美容にとっても、ホルモンバランスを整えるhttp://xn--u9jwf1cqe9a3e7c5559a7jxb.com/estrogen.htmlことはとても重要です。

Copyright(C) 2013 女性に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.