脱毛予防

大豆イソフラボンの摂取量目安

今健康に関する意識がとても高まってきています。
なぜなら食生活や生活習慣が変わったことで、生活習慣病になってしまう人が多いです。
生活習慣病がどんどん進んでいくと、ガンや心臓病や糖尿病などの命にかかわる深刻な病気に発展してしまうことが多いです。

なので体にいいものを積極的に取り入れて、健康で長生きしていきたいという人が多いです。
そこでよく注目されるのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンには、女性ホルモン似たエストロゲンに似た働きhttp://www.kutaways.com/02.htmlがあります。

なので年齢とともに減少してしまう女性ホルモンを補うことができ、アンチエイジングやダイエットなどにも効果があります。
そこで大豆イソフラボンはどれだけ一日に摂取したらいいのでしょうか。
健康にいいものなら、たくさん摂取しても大丈夫と思いがちです。

しかしどんなに体にいいものでも取り過ぎには注意が必要です。
大豆イソフラボンの摂取量は、一日に70mgから75mgが理想的だといわれています。
毎日の食生活の中で大豆イソフラボンはいろんな食材に含まれています。

具体的には、大豆以外にも納豆、豆腐、おから、豆乳、油揚げ、味噌など大豆の加工品は数多くあります。
なかでも大豆イソフラボンの含有量が多いのは納豆や豆乳です。
納豆には1パック当たり約36mgのイソフラボンが含まれています。

なので納豆1パック食べるだけで一日の半分大豆イソフラボンを摂取できます。
また豆乳が200mlのパックで約50mg摂取できます。
なので豆乳と納豆を食べるだけで一日の摂取量を超えてしまいます。

大豆イソフラボンは毎日の食生活の中で意外に摂取しやすい成分といえます。
だからこそ意識的に摂取して健康的な体に近づけていきましょう。
中には効率よく摂取するためにサプリメントを利用する人もいます。
意外にこの栄養素は摂取しやすい食品なので、サプリメントの摂取上限は30rと決められています。
この上限をしっかり守った上で、大豆イソフラボンを積極的に摂取していきましょう。


Copyright(C) 2013 女性に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.