脱毛予防

イソフラボンでコレステロールを下げよう

今健康ブームが高まり、食生活の見直しをする人が増えています。
総摂取カロリーが低い食事や、野菜を意識して摂取したり健康志向が高まっています。
そこで積極的に摂取したい成分の一つにイソフラボンがあげられます。

イソフラボンは主に大豆に多く含まれている成分です。
大豆は畑のお肉といわれるほど、豊富な栄養素が含まれています。
大豆の一番の栄養素と言われているのがイソフラボンです。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きがあることが分かっています。
女性ホルモンは年齢とともに減少してしまうため、女性らしさや若々しさを保つためには女性ホルモンが必要です。
なのでイソフラボンは美容効果が高いものとして知られています。

しかしイソフラボンの効果はそれだけではありません。
イソフラボンには血液中のコレステロールを抑制する働きがあります。
血液の中にコレステロールがたまってしまうと、ドロドロとした血になってしまい血流が悪くなります。

血流が悪くなると新陳代謝が悪くなってしまいます。
またそれだけでなく血中のコレステロールは、蓄積してしまうと血管を細くしたり血管を固くしてしまいます。
その結果、動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞やクモ膜下出血など後遺症が残ってしまう可能性が高い重病を引き起こしてしまいます。

なので血液中のコレステロールをため込んでしまうことは体に負担がかかってしまいます。
そこで血液中のコレステロールを抑制する働きがあるイソフラボンの摂取が効果的です。
イソフラボンによって血中のコレステロールが抑制されると、血流が良くなります。

それによって新陳代謝の向上にもつながります。
血中のコレステロールが下がると、生活習慣病や糖尿病などのリスクも低くなります。
またメタボになりにくく、新陳代謝が上がることでダイエットにも効果が期待できます。
イソフラボンには、現代人が陥りやすい生活習慣病の改善や予防にとても効果がある成分だといえます。

Copyright(C) 2013 女性に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.